動画配信サービス「dTV」を徹底解説:メリット・デメリットや料金・おすすめ作品まで紹介

いま、定額制の動画配信サービス(VOD)の人気が高まっています。

一定期間ごとに料金を支払えば、好きな映画やドラマ、アニメなどが見放題。作品ごとにレンタルする手間も省けて、非常に便利なサービスといえるでしょう。

とはいえ、年間で見れば相応のコストがかかるサービスですから、できれば安く済ませたいところですよね。

そこで今回は、コストフォーマンスに優れた動画配信サービス「dTV」を紹介します。メリット・デメリットのほか、料金体系やおすすめの作品も解説しているので、ぜひこの機会にご覧ください。

メディ

メディ

コスパの高いVODサービスdTVについて徹底解説します!

動画配信サービス「dTV」とは?

「dTV」は、NTTドコモが運営する動画配信サービスです。ドコモの携帯キャリアと契約していなくても、あるいはドコモのスマホを持っていなくても、手軽に登録することができます。

映画やドラマ、アニメ、音楽など、約12万作品が見放題! なかにはカラオケやマンガ(ムービーコミック)もあります。

月額料金は500円(税抜)と、他のサービスと比べて安価であることも特徴です。

2019年の国内シェアは6位ですが、5位のHuluや4位のU-NEXTとは拮抗しており、非常に高い人気を誇っているサービスと言えるでしょう。

(参考:「動画配信(VOD)市場5年間予測(2020-2024年)レポート」/https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000013190.html)

「dTVチャンネル」とはどう違う?

間違えやすいサービスとして、「dTVチャンネル」があります。同じドコモが提供する動画配信サービスですが、こちらはリアルタイムでの配信が特徴。約30の専門チャンネルが開設されており、テレビと同じような感覚で決まった時間に番組を楽しむサービスです。

通常はオンデマンド(好きなときに好きな作品を観ることができる配信形態)を利用される方がほとんどでしょう。特に理由がなければ、まずはdTVから検討してみてください。

ちなみに、dTVチャンネルの月額料金は780円(税抜)。dTVとセットで加入すると、あわせて月額980円(税抜)で利用できます。

「dTVターミナル」はサポート終了

もう一点、間違えやすい名前として「dTVターミナル」があります。こちらはdTVの動画をテレビで視聴するための専用端末で、過去には無料配布キャンペーンも行われていました。

現在、このdTVターミナルは販売終了となっており、2020年3月31日にはサポートも終了しています。

同様の機能は「ドコモテレビターミナル」という専用端末に引き継がれているため、テレビの大画面で動画を視聴したい方は、こちらを購入するようにしましょう。

dTVのメリット

何よりもまず、dTVの主なメリットを紹介します。

とにかく料金が安い!

dTVの月額料金は500円(税抜)と、他のサービスと比較しても破格に安いサービスです。

参考までに、対抗馬のHuluは月額933円(税抜)、Netflixのスタンダードプランは800円(税抜)です。1000円前後の価格帯が多い中で、dTVは業界最安級と言っても過言ではありません。

動画配信に限らず、昨今はサブスクリプション(定額制)のサービスが増えています。

ついつい複数のサービスに加入してしまい、気がついたら毎月の出費が膨れ上がっていた、なんてこともよくある話です。

とにかく出費を抑えたい方にはdTVが最適でしょう。

12万作品の見放題ラインナップ

動画配信サービス配信作品数
U-NEXT 約170,000本
dTV 約120,000本
Hulu約50,000本
Netflix約10,000本
Amazon Prime Video約64,000本
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: fod-1.jpgFODプレミアム 約20,000本
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dアニメ-1.jpgdアニメストア約38,000本
国内動画配信サービスの作品数の比較

いくら料金が安くても、肝心の内容がともなわないと意味がありません。その点、dTVの見放題作品数は約12万と、他のサービスと比べても豊富な品揃えです。

参考として、Huluは約5万作品、U-NEXTは14万作品が見放題です。業界最多のコンテンツ数を誇るU-NEXTですが、dTVはそれに匹敵する数字といえるでしょう。

また、ジャンルも偏りなく揃っています。洋画、邦画、国内/海外ドラマ、アニメを筆頭に、音楽(ミュージックビデオやライブ映像など)やオリジナル番組もあります。

したがって、幅広くエンタメを楽しみたい方にはおすすめできるサービスと言えます。

dTVオリジナル作品も要チェック!

dTVならではのコンテンツも見逃せません。たとえば『猿に会う』は冴えない女子大生3人の旅を描いたdTVオリジナルドラマです。乃木坂46の賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜が主演を果たしています。

また、dTVはBeeTV(ドコモとエイベックスが共同で運営する動画配信サイト)の作品も提供しています。

たとえばドラマ『闇金ウシジマくん』は、地上波で放送されたシーズンとあわせて、BeeTVオリジナルのエピソードも視聴できます。

その他、エイベックス所属アーティストを中心に、ミュージックビデオやライブ映像も充実しています。ピコ太郎から浜崎あゆみ、坂本龍一と、様々なジャンルが網羅的に揃っています。

ダウンロードしてオフライン再生も可能

特にスマホで動画を視聴する方にとって、どうしても気になるのが通信量。Wi-Fi環境のない場所で視聴していると、すぐに契約している上限に達してしまいます。

そんなとき、ダウンロード機能を使うことで、データ通信量を気にせずオフラインで視聴することができます。

ダウンロード方法は簡単で、それぞれの動画ページにあるDLボタンを押すだけ。これでスマホに動画が保存されます。

注意点として、一部の作品はダウンロードに対応していません。また、PCにはダウンロードすることができません。

dTVのデメリット

メリットを挙げたところで、今度はdTVのデメリットや、利用に向かない人を解説します。

新作映画など一部の作品は有料

約12万作品が見放題のdTVですが、一部には有料コンテンツもあります。

特に公開から間もない映画や近年の話題作に関しては、有料となっていることも少なくありません。海外ドラマでも、たとえば『ウォーキング・デッド』の最新シーズンは有料です。

ただし、有料レンタル作品と見放題作品は分けてラインナップされている上に、購入前にはかならず確認画面も表示されます。通常の見放題を楽しんでいる分には、特に気になることもないでしょう。

どうしても追加料金が気になる場合は、完全見放題のHuluやNetflixも検討してみてください。

同時視聴には対応していない

dTVはPCやスマホ、タブレットなど様々な端末から利用することができます。

しかし、それぞれの端末で同時視聴することはできません。家族で一緒に利用したい方には不向きでしょう。dTVは子ども向けのコンテンツも多いため、少し残念なポイントです。

同時視聴に対応したサービスとしては、U-NEXTやAmazonプライム・ビデオなどが挙げられます。家族での利用を検討している場合は、こちらもチェックしてみてください。

アニメだけ観たいなら「dアニメストア」

同じくドコモが運営しているサービスに「dアニメストア」があります。

こちらは名前の通りアニメ専門の動画配信サービスで、月々の料金は400円(税抜)3,500作品以上のアニメが見放題です。

この「dアニメストア」と「dTV」のラインナップはほとんど別物と言ってもよく、「dTV」では観られないアニメが「dアニメストア」で扱われていることも多くあります。

その作品数の差は歴然としているため、「自分はアニメしか観ない」という方は、最初から「dアニメストア」に入った方がいいでしょう。

dTVの料金と無料期間は?

メリットの項目でも触れましたが、dTVの月額料金は500円(税抜)。税込で550円です。

動画配信サービスのなかでは最安値に近く、価格面で対抗できるのはauが運営するTELASA(旧auビデオパス)の月額562円(税抜)ぐらいでしょう。

dTVの場合、初回31日間は無料で利用することができます。特に利用制限などもなく、料金を気にせず見放題を楽しむことができます。

ただし、加入にはドコモ携帯かクレジットカードの情報を登録する必要があり、31日間を過ぎると自動で課金が始まってしまいます。

もしも利用を継続しない場合は、以下の手順にしたがって忘れずに解約手続きを行いましょう。

dTVの解約方法

dTVの利用を継続しない場合は、以下の手順で解約を行ってください。

ただし、月の途中で解約しても日割り計算はされないため、可能であれば月末に解約した方がお得です。

1. ブラウザのからdTVにログインします。
2. ページ上部の「アカウント」から「解約」を選択します。
3. ページをスクロールし、「利用規約に同意し、解約手続きに進む」を選択します。
4. My docomoのページに飛びます。現在の契約状況が表示されるので、「注意事項」に目を通してください。
5. 問題がなければ「dTVの注意事項に同意する」にチェックを入れ、「次へ」を選択します。
6. 再度「次へ」を選択します。最終確認をして「手続きを完了」を選択。以上で解約手続きは完了です。

dTVで視聴できるおすすめ作品

最後に、dTVで観ることができるイチオシの作品を紹介します。無料お試し期間を使って、ぜひ鑑賞してみてください。

おすすめ洋画:『ALONE/アローン』

2016年に公開された映画『AONE/アローン』は、北アフリカの砂漠で地雷を踏んでしまった兵士の物語です。足を離せば地雷が爆発してしまうため、ただ一人で身動きが取れなくなった主人公。救助隊が来るまでの52時間、自然の脅威にさらされ、心も体も極限まで追い詰められます。

過去の辛い思い出がフラッシュバックするなか、偶然通りかかったベルベル人によって、事態は意外な方向へと向かいます。主演は『ローン・レンジャー』のアーミー・ハマー。

メディ

メディ

身動き一つできない緊張による幻覚の中での主人公の葛藤が見所です!

おすすめ邦画:『今夜、ロマンス劇場で』

映画監督を夢見る青年が、馴染みの映画館「ロマンス劇場」で出会った一人の女性。彼女は銀幕から飛び出してきた大女優で……。映画と映画館への愛にあふれた、ロマンティックなラブストーリーです。

監督は『翔んで埼玉』の武内英樹。W主演となった綾瀬はるか、坂口健太郎のほか、豪華キャストの演技にも注目の作品です。

メディ

メディ

笑えて泣けるロマンスコメディ!いろいろな映画のオマージュにも注目!

おすすめ海外ドラマ:『SUITS/スーツ』

織田裕二の主演で日本版にリメイクされたドラマ『SUITS/スーツ』。アメリカで2011年から放送された原作ドラマを、dTVでは8シーズンまで見放題で楽しむことができます。

マンハッタンで働く敏腕弁護士のハーヴィー。その独りよがりの性格を見かねて、上司からパートナー弁護士と組むように命じられます。面接会場にやって来たのは、麻薬の密売をしていた青年マイクでした。

大学を中退していたマイクでしたが、ハーヴィーは彼の完全記憶力に目をつけ、学歴を詐称させてパートナー弁護士とすることに。こうして手を組んだ二人の天才が、数々の困難な訴訟に立ち向かっていきます。

メディ

メディ

テンポがよく1話ごとに話が完結しているので手を出しやすい海外ドラマです!

おすすめ国内ドラマ:『ドクターX~外科医・大門未知子~』

米倉涼子主演の医療ドラマ。2012年に放送開始し、2019年には第6シーズンが放送された人気作品です。

その魅力は、何といっても主人公でフリーランスの女性外科医・大門未知子のキャラクターにあります。大学病院のしがらみを抜け出し、神がかり的な腕前で患者の命を救っていく彼女を見れば、ふさいだ気持ちもスカッとすること間違いありません。

米倉だけでなく、内田有紀や岸部一徳、勝村正信など、脇を固める名優からも目が離せません。

メディ

メディ

米倉さんの演技が素晴らしい作品!

おすすめアニメ:『名探偵コナン』

劇場版が公開される度に話題となる人気アニメ『名探偵コナン』。dTVでは劇場版のほか、テレビシリーズも約900話が見放題となっています。

天才的な推理能力を持った高校生探偵・工藤新一が、「黒の組織」と呼ばれる怪しい集団によって薬を飲まされ、子どもの体にさせられてしまいます。正体を隠して江戸川コナンと名乗ることになった彼は、幼馴染の家に居候し、数々の難事件を解決に導いていきます。

特にアニメの場合は、空いた時間を使って手軽にスマホ視聴することができます。dTVにはiOS/Androidアプリもあるので、別途インストールしてみてください。

メディ

メディ

大人から子供まで楽しめる名作アニメがテレビ版も劇場版も見放題!

dTVのメリットデメリット徹底解説まとめ

今回は動画配信サービス「dTV」を徹底解説しました。

dTVの強みは、何といっても圧倒的なコストパフォーマンスでしょう。

月額500円(税抜)という料金設定は、業界でもほぼ最安値といえます。

したがって、見放題を楽しみたいけど料金が気になる方、あるいは他のサービスと併用される方には最適です。

ドコモの携帯回線を契約していなくても簡単に登録することができます。まずはお試し体験を利用して、dTVの魅力を味わってください。

関連記事