【実機】ASUS TUF GAMING M4 AIR レビュー|47グラム・最安値クラスのゲーミングマウス

モニター買い漁って50台以上!こんにちは、モニター専門家のモニ研(@medifav)です。

最近はマウス感度を徐々に落としてゲームをプレイしているのですが、感度は落とせば落とすほど、マウスをぶんぶん振り回すことになるんですよね。

そうなると、マウスの重さが非常に重要になってきます。

今回レビューするのは、そんな人にぴったりなゲーミングマウス「ASUS TUF GAMING M4 AIR

ゲーミングマウスの中でも超絶軽い軽量マウスです。重さなんと47g!

ASUS製品はクオリティがしっかりしているので、マウスにも期待できます!

ASUS TUF GAMING M4 AIRについて

まず、ASUS TUF GAMING M4 AIRのポイントについて確認していきましょう。

ASUS TUF GAMING M4 AIRのポイント
  • 重量47gの超軽量ゲーミングマウス
  • 軽量マウスの中では最安値クラスの価格
  • 一般的なサイズ感で成人男性でも持ちやすい
  • IPX6の防水性能

マウスなのに防水性能も付いています。IPX6というのは、全方位から強い噴流水が当たっても大丈夫という等級です。手のひらから出る汗はもちろん問題ありませんし、誤ってコップから水をこぼしても大丈夫です。

その他にもいろいろな機能があるので、詳しく見ていきましょう!

持ちやすさや取り回しなどもレビューします!

ASUS TUF GAMING M4 AIRのスペック

メーカーASUS
インターフェースUSB2.0/有線
読み取り方式/センサー光学センサー/PixArt 3335
トラッキング速度400 IPS
加速度40G
解像度 16,000 DPI
ボタン数6
抗菌加工箇所すべてのボタン、カバー
寸法 L126 x W64 x H40 mm
重さ 47g
付属品 TUF Gaming M4 Airマウス本体
クイックスタートガイド
保証書
価格6,800円(税込み、記事作成時)

ASUS TUF GAMING M4 AIR開封レビュー

ここからは実際にASUS TUF GAMING M4 AIR開封レビューをしていきます。

まずは、取扱説明書や保証書などの紙類が入っています。

そしてマウス本体!

有線ということもあり、内容物はこれだけです。

ASUS TUF GAMING M4 AIRの機能性

ASUS TUF GAMING M4 AIRの見た目

カラーリングは黒一色で表面メッシュ。

軽量系マウスに結構あるやつですね。

この手のマウスを見ると、ミニ四駆を思い出す。軽さを追求するために、肉抜きするのは基本ですよね。

メッシュの隙間から中身の基盤まで見えちゃってます。

なんなら、底もメッシュなので向こう側が透けて見えますね。

ちなみに中の基盤は、IPX6の撥水性保護コーティングがされています。

水をこぼしたとか、手汗だくだくだとかでも大丈夫!

ただ、ホコリが入るかもしれないので、定期的にエアダスターで掃除してあげたほうがよさげ

肉抜きしてるから耐久力怖いなあ、と思って力強く握りしめたり圧力かけてみたんですが、きしみはありませんでした。

メッシュ細いから壊れないかな、って心配だったんですが問題なさそうです。

ホイールは一般的なサイズで回しやすいです。

ホイールの下にあるのはDPI変更ボタンですね。

あとで説明しますが、専用ソフトで別のキーを割り振ることもできます。

この位置のボタンは、ゲーム中は非常に使いにくいので、出番はなさそう。

サイドボタンは左側に2つ。ゲーミングマウスに定番の場所ですね。

超軽量ってこともあってFPSゲーム用途で購入する人が多いでしょう。

ここに2つあれば困ることもないと思います。

大きさは前方のボタンがちょっと小さめですが、親指の指先がちょうどフィットする位置にあるので押し間違えることもないでしょう。

押しにくさもなかったです。

ちなみにデフォルトだと進むと戻るが設定されてます。

ASUS TUF GAMING M4 AIRの重さ

重さは47g!超絶軽いです!

有線マウスでもこのレベルの軽さはなかなかありません。

マウスは軽ければ軽いほど動かすのに必要な力が少なくなります。

特にローセンシの人は、以下のようなメリットがあります。

  • マウスを動かす距離が長いので軽いほうが素早く少ない力で動かせる
  • 長時間プレイしたときの疲労を軽減できる

逆にハイセンシの人は、微調整が難しい場合もあります。

マウスの重さもゲームの感度と一緒で、人それぞれ好みが全然違います。

僕はハイセンシなのに軽いマウスが好きな変態ですしね。

ASUS TUF GAMING M4 AIRの底面

裏面のマウスソールはこんな感じです。テフロンのソールが張られてます。

ソールの範囲はそんな広くないですが、実際滑らせてみたらしっかり滑ってくれました。

もうちょいソール広くてもいいかな、という気もしますが、マウスソールは気に入らなかったら張り替えればいいですしね。

ASUS TUF GAMING M4 AIRのコード

コードの長さは2m。

デスク下にゲーミングPCを置いていても、直接挿して使えるくらいの長さなので不満はないです。

TUFゲーミングパラコードというケーブルを採用してるらしいですが、ぐにゃぐにゃ可変性っていうんですかね。

ケーブルがかなり柔らかくて引っかかりにくいです。

ASUS TUF GAMING M4 AIRの価格

そして気になる価格ですが、だいたいどこのショップでも6,980円くらいで売っていました。

47gでこの安さは他社製品でもないんじゃないかな!

軽いマウスを求めている人にとってのコスパの高さは間違いないですね。

ASUS TUF GAMING M4 AIRの握りこごち

僕はマウスはかぶせ持ちよりのつかみ持ちですが、かなりしっくり来ましたね。

軽いマウスってサイズが小さいものが多いですが、コイツは一般的なサイズなので成人男性の手にも馴染みます。

逆に言うと、小さめのマウスを求めてる人が買うと、少し大きく感じるかもしれません。

僕はこれ以外の持ち方だとエイムがまったく安定しないんですが、指先だけでマウスを持つ「つまみ持ち」でもマウスが軽量なので使いやすいと思います。

つまみ持ち

一方でマウス全体を包み込む「かぶせ持ち」もマウスのサイズが普通の大きさなので、使えはします。しかし、かぶせ持ちだと軽さっていうメリットを活かしにくいかも、とは思いました。

少し気になったのは、全体的にボタンのクリック感が強めです。

要は少しだけ固めなボタンになってる。

でも、これは使い始めだからっていうのもあると思います。慣れれば気にならなくなるのではないでしょうか。

ARMOURY CRATEのボタン設定

マウスの設定はARMOURY CRATEという、ASUS機器用のソフトを使います。

‣ボタンへの機能割り

右と左のクリック

ホイールの前後ろ押し込み

DPIボタンサイドボタン2つへの機能設定ができます。

‣DPIの変更

DPIボタンで変更できるプリセット設定と、最大16,000までの範囲で変更可能です。

‣ポーリングレート

ボーリングレートは、何も考えず1000Hz固定でいいです。

‣アングルスナップ

マウスの直線移動を補助してくれる機能ですが、ぶっちゃけゲームには向いてないのでオフでいいです。

‣キャリブレーション

リフトオブディスタンスはマウスを浮かせたときに反応する高さなんですが、一番下のほうが誤反応しにくく使いやすいです。

ASUS TUF GAMING M4 AIRでゲームをプレイ

実際にゲームをプレイしてみた感想ですが、最初はマジで軽すぎて少しエイムが行き過ぎることもありました。

20分くらい振り回してたら慣れました。

ただし、これは普段僕が60g台の軽めのマウスを使っていることも影響しています。

普段100gくらいの重いマウスを使ってる人は、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

マジで軽いです。

虚空を握ってるみたい。

それと、サイドにメッシュの網模様があるんですが、小指と親指のグリップ代わりになって滑りにくかったです。

あまりに軽すぎて、M4 AIR使った後にほかのマウスを握ったら軽量マウスでも重く感じるくらいでした。

有線マウスですがケーブルが柔らかいので、マウスバンジーを使えば気にならず使えます。

無線マウスに慣れてると有線は最初は少し違和感あるかもしれませんが、プレイしてるうちに慣れますね。

2時間くらいApexで遊んでましたが、しっかり滑って遅延なんかもまったくなくて、不満はありませんでした。

接続も切れたりしなかったですし、快適にゲームをプレイできたので、できる限り軽いマウスを使いたい、という人にはぜひ一度試してもらいたいです!

ASUS TUF GAMING M4 AIRのレビューまとめ

というわけで、ASUS TUF GAMING M4 AIRをレビューさせていただきました!

ざっくりポイントをまとめると

ASUS TUF GAMING M4 AIポイントまとめ
  • 重さ47gの超軽量ゲーミングマウス
  • 超軽量だけどサイズは一般的なサイズで成人男性でも持ちやすい
  • 超軽いのでローセンシプレイヤーに特におすすめ
  • 軽量を追求するための有線もケーブルがやわらかくて使いやすい
  • 約7,000円と超軽量マウスでもダントツで安い
  • マウスソールはもうちょっと欲しいので張り替えもアリ

そんな感じ!

シンプルなデザインと肉抜きによる超軽量47gのゲーミングマウス!

軽いのにサイズが普通のマウスと変わらないのがよかったですね。

超軽いのでローセンシの人は、このマウスに変えるのは全然アリだと思う。

なにより価格が約7,000円というのがデカいですね!

超軽量マウスって1万円越えも多いので、比較的気軽に試せるお値段なのは嬉しい。

癖も少なくて使いやすいマウスなので、ゲーミングマウスデビューにも全然おすすめできますね。

流石はASUS TUF GAMINGクオリティぜひみなさん、M4 AIRの異次元の軽さをお試しあれ!

また「ASUS TUF GAMING M4 AIR」についてはモニ研のYouTubeでも詳しくレビューしています。ぜひこちらもチェックしてください!

関連記事