【実機】AOC AG273FXR/11|ピンク&ホワイト・デザイン性が高いゲーマー女子必見のモニター

モニター買い漁って50台以上!モニター専門家、モニ研です!

この記事ではAOCから発売されている、ピンク&ホワイトのカラーリングが女子受け抜群のモニター「AOC AG273FXR/11」を実機レビューしていきます。

女性の読者が極端に少ないこのサイトですが、このモニターを紹介すれば女性率がアップするはず!もちろん、デザインだけでなく、機能も素晴らしいモニターなので男性のみなさんも是非見ていってください!

かわいいデザインが魅力のAOC AG273FXR/11のスペック、実機の使用感などを合わせてレビューします。

AOC AG273FXR/11について

AGON AG273FXR/11 [27インチ ホワイト&ピンク] の製品画像

まず、このAOC AG273FXR/11のポイントについて確認しておきましょう。

AOC AG273FXR/11のポイントまとめ
  • ピンク&ホワイトのデザインがかわいい
  • IPSパネル
  • IPSでHDR対応なので映像美は十分
  • 黒挿入やシャドウコントロールなどゲーミング機能が充実
  • 背面のライトがおしゃれ

AOC AG273FXR/11はピンク&ホワイトのカラーリングや背面のライトなど高いデザイン性があります。しかし、デザイン性だけでなくゲーミング機能も充実しています。

スペックから確認していきましょう!

AOC AG273FXR/11のスペック

メーカーAOC
画面サイズ27インチ
解像度フルHD
パネルタイプIPSパネル
コントラスト比1,000:1
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms
パネル表面ノングレア
入力端子HDMI2.0 x 2
DisplayPort x 1
VGA x 1
VESA対応75×75
可動調節機能上下チルト: -5°~23°
高さ調整:110mm
スイーベル:-20~30°
ピポット:90°
主な機能HDR10
ブルーライト低減モード
フリッカーフリー
同期技術FreeSync Premium
付属品電源ケーブル
DisplayPortケーブル×1
ケーブルクリップ
ネジ×4
クイックスイッチキーパッド
保証書・マニュアル
セットアップCD-ROM
台座
スタンド
寸法364.3 (H) x 613.5 (W) x 59.8 (D)(スタンドなし)
452.4~562.4 (H) x 613.5 (W) x 267.4 (D)(スタンドあり)
重量6.93kg
リモコンクイックスイッチキーパッド
内蔵スピーカーなし
保証ご購入後3年間
価格¥37,980(記事編集時)

パネルタイプはIPS

パネルはIPSを採用しています。

IPSパネルは色調が綺麗で、斜めから見ても画面の色味が変わりにくく、リアルに近い色を出力

IPSVATN
色再現性
コントラスト
視野角
応答速度
液晶パネルの比較表

IPSパネルはゲーム以外にも、作業用やイラスト・写真編集などでも活躍します。いろいろな用途に使えるので、人気が高いパネルです。

解像度

1920×1080のフルHD。

リフレッシュレートが144Hzということもあり、解像度よりもFPSなどの快適さを優先させているモニターですね。

リフレッシュレート144Hz

リフレッシュレートは、モニターが1秒間に画面を更新する回数です。リフレッシュレートが高いほど、映像がぬるんぬるんでスムーズになります。144Hzはミドルスペックですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E5%9B%B3%E8%A7%A3-3-768x576.png

プロを目指したり、FPSゲームの上位1%を目指すなどでなければ、144Hzあれば十分ぬるんぬるんです。

PS5は120fpsまで出力できますが、このモニターはPS5でも120Hzで出力できることをメーカーで確認済みだそうです!

※参考:リフレッシュレートとは?FPS・TPSゲーマー必見!フレームレートとの違いも解説

応答速度

応答速度はMPRTで1ms。

応答速度は、画面の色が変化する速度です。応答速度が早いほど激しい動きでもはっきり描写されます。これにより目の疲労を軽減したり、敵を視認しやすくなるメリットがあります。

MPRTは実際にモニターをカメラで映してぼやけ具合を測定する計測方法なので、実際の目で見たときにより近い数値になってます。

※参考:応答速度とは?残像感をなくして眼精疲労を軽減!

AOC AG273FXR/11開封レビュー

ここからは実際にAOC AG273FXR/11の実機レビューをしていきます。

今回はメーカーからの貸し出し品のため、販売されている製品とは一部違う個所があります。写真だとケーブルは黒ですが、実際は白色になる予定とのことです。

開封&中身を写真付きでチェック

  • DisplayPortケーブル
  • 電源ケーブル
  • ケーブルクリップ
  • ネジ×4
  • セットアップCD-ROM
  • マニュアル・簡易組み立て用マニュアル
  • スタンド
  • 台座
  • 本体

白とピンクのスタンドは珍しいですね!なかなか無いですよ、こんなオシャレな色は!

モニター組み立て

まずは本体は発泡スチロールに入れたまま、スタンドを固定します!

レバーを押すと下の部分が引っ込むので、まずは上の部分からはめます。

キレイにはめないと入らないので注意しましょう。

次に台座!こちらは簡単です。

スタンドの突起と、台座の凹みをはめるだけ!

最後に台座の下のネジを回せば完成です。

本体サイズ

モニターの横幅は61センチ。高さは可変で一番下まで下げると45cm、一番上まで上げると55.7cmです。

ベゼルデザイン

ベゼルは非表示領域を含めるて6mm。かなり薄いですね。

ピンク&ホワイトでベゼルも薄く、デザインにこだわっているのが伝わってきます!

やはりベゼルが薄いとスタイリッシュですね

背面デザイン

背面はこんな感じ。

か、かわいい・・!女子力が高いな~!

中央の円形のラインがピンクに光るのもかわいいですね。75×75のVESAに対応しているので、モニターアームも使用可能です。どうせなら白のモニターアームを使いたいですね。

ヘッドホン掛け

両サイドにヘッドホン掛けが付いています。伸びてくるタイプなので、使わないときは収納可能です。

台座デザイン

台座は白の3点接地型です。

オシャレなデザインですが、個人的には好みではないですね。効率厨なので、台座の下の浮いている部分が無駄だと感じてしまいます。

でも、女性向けのカラーリングなどデザイン重視だと考えれば、アリですね!

入力端子

入力端子はモニター下部ではなく、背面にあります。

  1. ミニUSB
  2. イヤフォンジャック
  3. D-sub15ピン
  4. DisplayPort1..4
  5. HDMI2.0×2

HDMI端子が2つあるのは嬉しいですね!ゲーム機を2台繋げられますし、HDMI2.0なのでDisplayPortでなくても144Hzの出力が可能です。

一番左のミニUSBはクイックスイッチキーパッド用です。クイックスイッチキーパッドは手元でモニターの設定を変更できるので、非常に便利です。

スピーカーは搭載されていないので、イヤホンか外付けスピーカーが必要です。

AOC AG273FXR/11の性能を検証

スタンド性能が高く、チルト・スイベル・ピポットが可能です。

スタンドもオシャレなので、アームを使わずに調整可能なのは嬉しいポイントですね!

上下チルト

最大で手前側に-5°、奥側に23°まで傾けることができます。

スイベル(首振り)

スイベル機能も付いていて、-30°~30°の間で向きを変えられます。

ピポット(回転)

さらに回転機能も付いているので、縦向きにして使うことも可能。かなりスタンド性能が高いですね。その分、重くなってしまいますが。

デザイン性が高いので、付属のスタンドのまま調整できるのはありがたいですね。

視野角について

視野角は垂直・水平どちらも178°

さすがはIPSパネルですね!どこから見ても色味が変わりにくく素晴らしい。発色も綺麗でグラフィック重視のゲームでも活躍してくれるでしょう。

AOC AG273FXR/11の機能性について

メニューはクイックスイッチキーパッドで操作できます。めちゃくちゃ便利!

画面プリセット:ゲームモード

  • オフ
  • FPS
  • RTS
  • レース
  • ゲーマー1
  • ゲーマー2
  • ゲーマー3

オフを含めて合計7つのプリセットがあります。

シャドウコントロール

シャドウコントロールは暗いところを見やすくする機能です。DBDなどの画面が暗いゲームで使うと、有利に立ち回れます。

シャドウコントロールを上げ過ぎると、下の画像のように白っぽくなります。100は上げ過ぎなので、よくて70くらいですね。基本的には50でOKです!

ゲームカラー

ゲームカラーは数値を上げるほど、全体の色味が強くなります。

MBR

MBR(モーションブラー低減機能)は、黒挿入機能です。数値を上げるほど、黒挿入の頻度が上がります。激しい動きでも残像感を低減できます。

リフレッシュレートが低い状態で使っても効果が少ないので、144Hzで使う機能です。

AMD FreeSync

AMD FreeSyncは画面の破綻を防ぐ機能です。

FreeSync
G-SYNC
  • RadeonなどAMD製グラフィックボード
  • GeforceなどのNVIDIA製グラフィックボード

オーバードライブ

オーバードライブは応答速度の高速化です。

FPSをするのであれば最低でも「弱」がおすすめです。「強」でもいいかと思いますが、強くしすぎると逆残像が出る可能性があります。自分にベストな値を見つけましょう。

表示遅延読み込み

表示遅延読み込みは、表示遅延を少なくできます。基本的にオンでOKです。

フレームカウンター

フレームカウンターは、現在のリフレッシュレートを表示させることができます。

HDR Mode

HDRは3種類から選択可能です。

  • 写真
  • 映画
  • ゲーム

写真だと違いが分からない人もいるかと思います。

ざっくり説明すると、

写真は色合いが鮮やか

映画はコントラスト強めで影が強調される

ゲームは映画よりもさらにコントラストが強くなり影が強くなる

このような感じです。

Light FX

Light FXは背面の光り方を変えられます。

美しいライトですね。遊び心満載で好きです!

写真だと分かりませんが、ライトは光が回ったり・点滅・グラデーションなどの種類があります。背面を見る機会は少ないですが、楽しい機能です!

AOC AG273FXR/11で実際にゲームをプレイ

最後に定番の「ApexLegends」をプレイしてみます!

久々の大画面27インチなので、少し大きい感じがします。

でも、楽しんでプレイする分には許容範囲ですね。

最近はApex女子が増えてきているらしいので、かわいいモニターは絶対に需要があるはず!ゲーマー女子はモテると思うので、もっと増えて欲しいですね。

モニターだけでなく、かわいいゲーミングデバイスが増えているので、白やピンクでデスクを統一するのもおすすめです。

今は黒挿入をしていませんが、残像感もなく不自由は感じません。

AOC AG273FXR/11レビューまとめ

以上、AOC AG273FXR/11についてレビューさせていただきました。

LG 27UL500-Wのポイントまとめ
  • 144Hzのミドルスペックゲーミングモニター
  • 白とピンクのカラーリングがかわいい!
  • ベゼルが薄く、背面が光るなどデザイン性が◎
  • スタンド性能が高いのでアーム無しでも使いやすい
  • メニュー操作できるクイックスイッチキーパッドが便利
  • 黒挿入やシャドウコントロールなどゲーミング機能が充実
  • IPSでHDR対応なので映像美は十分

女子向けを意識したかわいいデザインとは裏腹に、スペックが高くゲーミング性能も十分兼ね備えている素晴らしいモニターです。

HDRに黒挿入まで搭載しているとは、恐れ入りました。

27インチのサイズ感が好みの人なら、女子じゃなくてもおすすめできます。ピンクが基調のゲーミングモニターはほとんどありません。でも、Apex女子やスプラ女子などガチでゲームをする女子は増えると思うので、かわいいゲーミングモニターは増えるのではないでしょうか!

ゲーマー女子は要チェックのモニターです!

また「Alienware AW2521HFL」についてはモニ研のYouTubeでも詳しくレビューしています。ぜひこちらもチェックしてください!

関連記事