【激安】FRONTIER(フロンティア)今年最後のクリスマスセールまとめ|おすすめBTOゲーミングPCを紹介

モニター買い漁って50台以上!こんにちは、モニター専門家のモニ研(@medifav)です。

この記事ではBTOゲーミングPCを販売しているFRONTIER(フロンティア)で開催中の「今年最後のクリスマスセール」がかなりお得なので情報をまとめていきます。

開催期間は2020年12月18日(金) ~ 12月25日(金)まで。この機会にぜひゲーミングPCをお得にゲットしましょう!

僕も1台ポチっちゃいました!

セール会場はこちら!

FRONTIER(フロンティア)今年最後のクリスマスセールとは?

FRONTIERのセールでは主に3つのタイプに分けてセール商品が紹介されています。

全部で数十種類の商品が登場していますが、どれがおすすめなのかゲーミングPCに詳しくない方にはわかりにくいため、モニ研がわかりやすくおすすめ商品を解説していきます。

一番おすすめのセール対象商品はどれ?

まず端的にどれが一番「買い」かというと、大注目モデルのRyzen 7 + RTX 3070を搭載したこちらの商品です。

CPUはRyzen 5 5600Xとほぼ同スコアの「Ryzen 7 3700X」(3000番台なので1世代前のモデル)、グラボは「RTX 3070」を搭載したこのセールのおすすめ第1位です。

HDDも搭載済みなので、HDDを後付けする手間も不要。基本設定なら240fps張り付くスペックにも関わらず、価格も169,800円とかなり安いです。

ただし限定数が30とかなり少なめなので、迷ってる方は早めにチェックしてください。

セール対象モデルの違いを詳しく紹介

ここからは各セール対象モデルの細かい違いを端的に説明していきます。

年内出荷可能モデル

①GAシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3060 Ti

CPUが弱めでボトルネックになる可能性あり。グラボ性能はPS5よりはやや強いのでCS機からの移行などエントリー用だが、OS用のSSDに1TBはいらないのでエントリー用としては大注目モデル⑥の構成でOK。

②GAシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3070

こちらも年内出荷可能モデルと同様CPUが弱め。最低~普通設定なら最大で240fps目指せるが、張り付きは厳しい。

③NSシリーズ 第10世代Core i7 + NVMe SSD 512GB

グラボなしの非ゲーミングノートなので、ゲーム用としては対象外。

大人気モデル

①GAシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3070

CPUが弱め。最低~普通設定なら最大で240fps目指せるが、コスパ面を考えるとこれ買うくらいなら年内出荷可能モデル②でOK。

②GAシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3070

大人気モデル①のメモリ16GBバージョン。これ買うなら年内出荷可能モデル②でOK。

③GXシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3070

年内出荷可能モデル②のSSDを512GBに落としたバージョン。なぜかSSDが1TBの年内出荷可能モデル②と同じ価格なので、年内出荷可能モデル②でOK。

④GAシリーズ Ryzen 7 5800X + RTX 3070

CPUがつよつよのRyzen 7 5800XとRTX 3070のハイスペックマシン。ただHDDがなくて不便、OS用のSSDに1TBはいらないので、やや中途半端感が否めない。一番いいのが

⑤GAシリーズ Ryzen 7 5800X + RTX 3070

CPUがつよつよのRyzen 7 5800XとRTX 3070で、このセールの最高スペックモデル。これが20万切ってるのは正直やばい。基本240fps張り付くが、CPUがややオーバースペックの予感もあるので、このセールのおすすめ第3位

⑥GAシリーズ Ryzen 7 5800X + RTX 3070

大人気モデル④のSSDを512GBに落としたバージョン。OS用のSSDに1TBはいらないので、自前のHDDが余ってる場合などはこれを選ぶのもあり。

大注目モデル

①GAシリーズ Ryzen 5 5600X + RTX 3070

CPUがコスパ重視のRyzen 5 5600XとRTX 3070の一番本命。このセールのおすすめ第2位。ただHDDがなくて不便な点には注意。基本240fps張り付くので、ガチでゲームを遊びたい方におすすめです。

②GAシリーズ Ryzen 7 + RTX 3070

このセールのおすすめ第1位として紹介しました。コスパ・スペック面から見ても超優秀です。買い!

③GAシリーズ Ryzen 7 5800X + RTX 3060 Ti

CPUがつよつよのRyzen 7 5800XとミドルクラスグラボRTX 3060 Tiの謎の組み合わせです。ゲームにそこまでCPU性能重要ではないので、正直いまいちな構成。

④GAシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3060 Ti

⑤GAシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3060 Ti

⑥GXシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3060 Ti

大注目モデル④~⑥はCPUがインテルの普及用モデルで性能が低いです。④~⑥のそれぞれの違いはHDD+SSDの構成。OS用のSSDに1TBはいらないので、この中から選ぶなら、大注目モデル⑥の構成はエントリー用としてあり。

⑦GXシリーズ Ryzen 5 + GTX 1660 SUPER

PS5に毛が生えた程度の超エントリー用モデルです。これを買うくらいならもう少しお金貯めて「大注目モデル⑥」を買うべき。

⑧ZNシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 2070 SUPER

価格の割にCPU性能が低いのでいまいち(CPUスコアでいうとRyzen 5 5600Xの半分くらいしかない)。どうしてもゲーミングノートがほしいなら⑨でOK。

⑨XNシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 2060

個人的にはゲーミングノートそのものがコスパ悪いと感じますが、どうしてもゲーミングノートがほしいならこれはありな構成です。

CPUとGPUのスコアは?

▼セール対象商品に使用されているCPUスコアの一覧はこちら

CPUPassMark スコア
Ryzen 7 5800X28380
Ryzen 7 3700X22710
Ryzen 5 5600X22590
Core i7 10700KF19700
Core i7 10700F18090
Ryzen 5 360017780
Core i7 10750H12530

▼セール対象商品に使用されているGPUスコアの一覧はこちら

グラボスコアフルHDのfps目安WQHDのfps目安4Kのfps目安
GeForce RTX 308042150240以上160-170100-110
GeForce RTX 2080 Ti33800170-180120-13070-80
GeForce RTX 307033670170-180120-13070-80
GeForce RTX 3060 Ti29500150-160110-12065-75
GeForce RTX 2080 SUPER28800130-140100-11060-70
GeForce RTX 2070 SUPER24800120-13090-10050-60
GeForce RTX 206022600100-11070-8040-50
GeForce GTX 1660 SUPER1550090-10060-7030-40

※fps目安はゲーム内で設定を「最高画質」にした場合を想定しています。最低設定でプレイする場合、数値を1.5倍程度に考えてください。

FRONTIER(フロンティア)今年最後のクリスマスセールまとめ

以上、FRONTIER(フロンティア)今年最後のクリスマスセールまとめでした。最後に選び方について復習しておきましょう。

セール商品の選び方
  1. 一番おすすめは「Ryzen 7 3700X」と「RTX 3070」を搭載したこちらのモデル
  2. CPUはRyzenから選ぶのがコスパも良くおすすめ。ただしRyzen 7 5800Xはややオーバースペック
  3. 価格差を考慮するとグラボはRTX 3070がおすすめ。ただ3060 Tiでも設定次第では240fpsで快適に遊べる
  4. 大容量SSDはコスパが悪いので、OS用に容量は512GBに抑えて別途HDDを追加するのがおすすめ。HDDは自分で後付するのも難しくない

CPUはRyzenから選ぶのがおすすめです。Ryzen最高!!

※関連記事

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。