視野角とは?モニターの液晶方式による違いも解説

ノートPCやモニターを購入するとき、いくつか見るべきポイントがあります。

そのひとつが「視野角」です。

商品のスペックを見ると、解像度や画面サイズと並んで「水平170°」といった表記がされていることでしょう。

モデルによっては広視野角を売りにしているメーカーもありますが、そもそも「視野角」の定義や基準が分からなければ、購入を判断する際に迷ってしまいます。

そこで今回は、PC用語である「視野角」について詳しく解説します。

広視野角モニターのメリットや、液晶方式による違いにも触れています。ぜひご覧ください。

モニ研

モニ研

モニターの視野角について専門家が詳しく解説!

PCモニターにおける「視野角」とは

液晶ディスプレイにおける「視野角」とは「画面を斜めから見たとき、問題なく見ることができる角度」をあらわしています。

画面を真正面から見たときを0°として、そこから上下左右に動いても正常に見える範囲を角度で示します。

たとえば、画面が真正面から右に85°、左に85°動いても正常に見えるとき、その視野角は「水平170°」(85°+85°)と表記されます。もしくは「左右170°」と表記される場合もあります。

この角度が広ければ広いほど、さまざまな方向からモニターを見ることができます。

ちなみに、視野角の測定で「正常に見える」基準は、一般的にコントラスト比(白と黒を表示した場合の輝度の差)10:1とされています。

しかし、近年ではコントラスト比5:1とされている場合もあり、メーカーごとに基準があいまいです。

したがって、同一メーカーで比較するとき以外は、あくまでも参考程度にとどめ、可能な限り現物を確認するようにしましょう。

どこからが広視野角なのか?

それでは、「広視野角」とはどの程度のものを指すのでしょうか。

メーカーによって判断基準は異りますが、おおむね170°を超えていれば広視野角といえるでしょう。

現行で広視野角を売りにしているモデルの多くは、上下左右178°のスペックを達成しています。

ほぼ180°ということで、真横に近い方向からでも見ることができる数値です。

視野角の重要性:メリットとデメリット

ところで、広視野角モニターの具体的なメリットは何でしょうか。

さまざまな方向から眺めるテレビとは違い、PCモニターは正面から見ることが多く、視野角はほとんど関係ないと思われるかもしれません。

しかし、マルチディスプレイ環境を構築している場合には、斜めから画面を見る機会が多くなります

また、サイズの大きいモニターを使う場合も、視野角が広くなければ隅々まで綺麗に見ることができません。

ワークスペースを快適に保つために、広視野角のモニターが求められるのです。

反対に、デメリットはあるのでしょうか。

PCモニターの場合、視野角が広いことで生じる不都合は特にありません。

しかし、スマートフォンなど小型端末の場合は、広視野角の画面だと周囲の人から覗かれる恐れがあります。

ノートPCでもプライバシーを気にする方は、広視野角のメリットはなくなりますが、覗き見防止フィルムの使用をおすすめします。

液晶方式によっても視野角は異なる

現在のPCモニターに使われている液晶パネルは、「TN」「VA」「IPS」という3種類の方式に大別されます(詳しい仕組みに関しては、ここでは省きます)。

それぞれ視野角に対する適性があるので、PCディスプレイを比較する際には以下を念頭に置きましょう。

TNパネル

TNパネルは液晶のなかで最も古くから使われている方式です。

現在でも主に小型のモニターで採用されていますが、視野角に関してはあまり期待できません。

画面の応答速度が速いため、ゲーミングモニターで使われることが多いタイプです。

VAパネル

液晶テレビでも使われるVAパネルは、コントラスト比が高く、黒が際立って見えることを特徴としています。

映画鑑賞などに適した方式ですが、視野角はTNと同様に広くありません。

ただし、現在はメーカーの創意工夫により、VA方式でも広視野角のモデルが誕生しています。

IPSパネル

IPSは構造的に視野角が広く、どの位置からでも画面を綺麗に見ることができます。

価格がやや高い、応答速度が遅いなどのデメリットはありますが、発色性に優れているといった長所があります。映像や写真を多く扱う仕事には最適といえるでしょう。

視野角についてのまとめ

上記の通り、おおむねIPS>VA>TNの順に視野角が狭くなります。

ただし、メーカーによる技術開発の結果、TN方式でもIPSを凌駕する視野角が達成されているモデルもあります。

店頭でモデルを比較する際は、色々な向きから画面を覗いて視野角をチェックしてみてください。

視野角についてのまとめ

広視野角はこんな人におすすめ
  • 大きめのモニターを使いたい人
  • マルチディスプレイ環境を構築したい人
  • 映像や画像を扱うクリエイティブな職種の人

今回は主にPCディスプレイで使われる用語「視野角」について解説しました。

在宅勤務の可能性が広まる中で、ワークスペースを整備し、業務の効率化を図ることが求められています。

より良い環境を構築するために、モニターの視野角にも目を向けてみましょう。

ただし、スペック上の数値はあくまで目安に過ぎません。

それ以外の技術によっても、実際の見え方は大きく異なってきます。

できるだけ現物を確認した上で、購入を決めるようにしてください。

モニ研

モニ研

特に初めてのマルチディスプレイ用モニターの購入を考えている人は視野角に注意して選んでみてください

関連記事

4 件のコメント