リフレッシュレートの変え方と設定方法|Windows10・NVIDIAコントロールパネルの使い方を解説

こんにちは、モニ研(@medifav)です。モニターを50台以上購入した経験のあるモニター専門家です。

突然ですが、高リフレッシュレートのゲーミングモニターを買って喜んでいるそこのあなた!もしかするとそのモニター、最高リフレッシュレートを出せていないかもしれません。

そこで、この記事では知らない方も多い「モニターのリフレッシュレートの変え方・設定方法」について解説します。

モニ研

モニ研

初期設定を完璧にして最高リフレッシュレートで快適なゲームプレイ環境を手に入れましょう!

リフレッシュレートの初期設定は60Hz

高リフレッシュレートのモニターを買っても、モニターのリフレッシュレート設定をしてあげないと意味がありません。

例えば144Hzのモニターを買っても、基本的に初期設定は60Hzになっています。

144Hzのモニターを買ったのに、60Hzになってるぞ…?

そのため、まずはPCとモニターを接続して出力リフレッシュレートを変更する必要があります

この操作を忘れてしまうと、せっかく高リフレッシュレートのモニターを買っても性能が活かせないので注意してください。

リフレッシュレートの変え方・設定方法

ここからはリフレッシュレートの変え方・設定方法を画像つきで順番に解説していきます。

1. デスクトップを右クリックし、「ディスプレイ設定」を開きます。

2. 「ディスプレイの詳細設定」を選ぶ

3. 「ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します」を選ぶ

4. 「モニター」タブを選ぶ

5. 「画面のリフレッシュレート」を変更して適用を押す

特に理由がなければ最大リフレッシュレートを選択しておけばOKです。

すると、「このディスプレイ設定をそのままにしますか?」というポップアップが出るので「変更を維持する」を選択すれば設定完了です。

マルチディスプレイの場合は、「ディスプレイ設定」を開いたときにリフレッシュレートを変更したいモニターを選ぶのを忘れないようにしましょう。

NVIDIA コントロールパネルについて

NVIDIA製のグラフィックボードを搭載している場合、右クリックメニューの「NVIDIA コントロールパネル」からリフレッシュレートを変更することもできます。

しかしこの方法だと、ディスプレイ設定の上限までしかリフレッシュレートを変更することができません。

60Hz以上が選択できない…

つまり先ほどの「ディスプレイ設定」で事前に上限を変更していないと、選択できる最大リフレッシュレートは60Hzになってしまいます。

一旦、「ディスプレイ設定」で上限を変更すれば「NVIDIA コントロールパネル」からも数値が変更できるようになります。

144Hzが選択できた!

まずは「NVIDIA コントロールパネル」ではなく「ディスプレイ設定」で変更しなければいけないということを覚えておきましょう。

リフレッシュレートの変え方 まとめ

以上、リフレッシュレートの変え方についてまとめでした。

これで最高リフレッシュレートで描写されるようになったので、あとはゲーム側のfpsをリフレッシュレートに合わせてあげれば最高の環境でゲームをプレイすることができます。

あとはゲームを楽しむだけ!

高リフレッシュレートのモニターは買って終わりではありません、快適なゲームプレイのためにリフレッシュレートの設定を必ず行いましょう。

また、リフレッシュレートについて詳しい内容を知りたいという場合は、こちらの記事で解説しています。ぜひチェックしてみてください。

※関連記事

関連記事

5 件のコメント